クライストチャーチ空港に到着!

ながーいフライトを終え、無事にクライストチャーチ空港へ到着!

くたびれたー。

 

 

入国審査

ニュージーランドの入国審査が厳しい!

って噂で聞いていたので、ビクビクしながらカウンターへ!←

 

まずは、機内で記入した入国カード、パスポート、ワーホリビザのコピーを提示。

(入国カードの、[滞在目的]はワーホリでも休暇にチェックします!)

 

※ちなみに日本国籍保持者であれば、観光目的且つ3カ月以内の滞在ならビザなしでOK!

なので、入国カード、パスポートの提示のみで大丈夫です。この場合は、往復航空券が必要になります!

 

そしてワーホリで入国する際に必要だと聞き用意していた、銀行残高証明書!

提示を求められませんでした。(゚д゚)

 

せっかく用意していたのでw

「え?これいらないの?」と見せながら聞くと、

『いらないよーもう行ってOKよー。』となんなく入国審査スルー。

 

え、全然厳しくないやん。w

 

 

ワーキングホリデービザで入国する際、

$4200+往復航空券or出国費用$1000

この滞在資金の証明が求められるので、英文の残高証明書を用意していました。(円建てでOK)

 

結果、求められなかったんですけど…

 

まあこれは結果論であるとして、

万が一に備えて用意しておくことに越したことはないと思います!

 

ちなみにわたし、この英文残高証明書、ササーっと銀行ですぐに発行してもらえるものだと思っていたので、

出発直前に銀行行けばいいやー。とのん気にしていたら、

ネットで「英文の残高証明書は、発行に1週間ぐらいかかるので早めに申請しに行きましょう!」と発見。(゚д゚)!

急いで銀行に行きました(出発5日前)ww

案の定、発行は来週になると言われ。しかし手段がないので、5日後に出発すること、円建てでOKだということを必死に主張。

「今発行するので、ちょっとお待ちください!」と数十分で発行してくれました!!ありがたや!

発行手数料は864円でした。

 

スポンサーリンク



手荷物受け取り

入国審査を終えたら、預入手荷物をピックアップ!

 

乗り継ぎしたけど無事に2つの荷物流れてきたー。

ロストバゲージ経験があるはるまきにとって、とても不安なところなのです。w

 

 

検疫

手荷物を確保したら、検疫ゲートへ。

スタッフに入国カードを提示。

 

入国カードの、

食べ物持ってますかー?のみにYesとチェックしていたので、

「What kind of food?(食べ物、なに持ってきたのー?)」と聞かれました。

 

わたしは、

顆粒出汁、乾燥わかめ、わさび、めんつゆ、七味を持ってきていたので、

『Japanese seasoning.(日本の調味料)』と返答。

 

OKよー。と、そのままスルーできました。

 

はあ…これでいいんだあー。

いろいろ厳しいと構えていたので、拍子抜けでした。笑

 

 

※ちなみに持ち込める食品は、密封・未開封のものに限ります!

もちろん肉・魚・乳製品・野菜・果物ダメです!!

もし申告に虚偽があった場合、$400の罰金ですよー!!

 

 

 

荷物をX線検査へ

検疫ゾーンを通ったら、手荷物すべてをX線に通します。

 

ここではるまき問題発生。

 

なにやらわたしのバックを開け、検査官が話している。

その手には…

 

白い粉。w

 

うわ、絶対いけないものだと思われてる…

 

怪しまれているのに、笑ってしまいました。

だってこれ、洗濯洗剤。www

 

いつどこで定住するか分からないし、こっちに着いてでっかい洗剤買うの荷物になるし、多少の洗剤あればいいなあーと思い、日本から顆粒の洗濯洗剤をジップロックに入れて持ってきました。w

わたし的になかなかいい案だったんですけど、ここでひっかかるとはwまあ検査官たちの気持ちも分からなくはない。w

 

「That’s detergent!!(それ洗剤だからー!)」と言い、検査官たちもにおいを嗅ぎ納得したよう。w

 

無事に通過し、到着ロビーへ\(^o^)/

 

 

そんなこんなでやっと、クライストチャーチに到着しましたー!

22時間は長かったー!



スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です