ニュージー&オーストラリアワーホリなら、保険はユニケア保険!

前回の記事で、ワーホリ費用節約には保険はユニケアがおすすめ!

 

と書きました。

 

今回はこのユニケア保険について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ユニケアって?

正式名称、ユニケア海外旅行保険(Uni-Care International Travel & Medical Insurance)

とゆうニュージーランドの保険会社です。

ニュージーランド・オーストラリアへの留学・ワーホリ・長期滞在者を対象とした医療・損害保険です。

 

 

どんな特徴があるの?

生命保険ではないので、

疾病死亡・後遺障害は対象になりません。

怪我による死亡・後遺障害についてのみカバーしていますが、支払額は低めです。

ですが、医療費は無制限に補償されています。

医療費以外にも、

個人免責、携行品のカバー、ロストバゲージetc…

けっこう補償内容が充実してるんです!

それなのに、保険料が日本の保険会社の半額以下!!なんだそれ!w

 

また、免責が発生します。

免責とは自己負担額のことで、ある一定の額までは自己負担し、その額を超えた保険金請求額 をユニケアが負担してくれます。

医療・治療の保険金を請求する際、治療内容が異なる毎にNZ$75の自己負担(免責)が発生します。

携行品の場合は、 NZ$100~NZ$200程度の免責が発生します。

つまり医療費で例えると、

請求額が$300だとすると、$75は自己負担で払い、残りの$225をユニケアが負担してくれます。

スポンサーリンク

 

どんなプランがあるの?

プランは3種類のみ!Easy!!

それぞれで、条件、保険料、補償額などが異なります。

 

〇NZ STUDENT

ニュージーランドで学校に通う人。

オーストラリア、南西太平洋諸島、バリ、ロンボックへの旅行もカバー。(最高31日間)

〇NZ VISITOR

ニュージーランドへワーキングホリデ、仕事、または長期観光目的の人。

ニュージーランドのみカバー。

〇AUSTRALASIAN

オーストラリアへ留学、ワーホリ、仕事、または長期観光目的の人。

オーストラリアとニュージーランドをカバー。

また南大西洋諸島、バリ、ロンボックへの旅行もカバー。(最高31日間)

 

また全てのプランにおいて、契約期間内であれば、

9日間までの乗り継ぎ滞在も、渡航国(渡航危険勧告発令対象国以外)を問わずカバーしてくれます!

 

乗り継ぎ以外での他国への旅行もカバーするには、アップグレードが必要です。

 

 

わたしは学校に通わずNZのワーホリなので、2番目のNZ VISITORに加入しました。

 

ただこのVISITORプランに限り、一度出国すると保険が無効になる(゚д゚)!

もし日本へ一時帰国する際は、ユニケアに連絡しなくてはなりません!!

 

 

で、保険料は??

ビジタープランだと、

1年 $803.00 

日本円換算すると、約6万2千円!!

 

月6000円ぐらいってことだよね!

免責はあるものの、これで安心が買えるのならお買い得。

 

ちなみに…

以前オーストラリアワーホリの時は、

安いプランを組んで10カ月で約14万円×2回(セカンドビザ時も同様)払いました…

これで病院に数回行っただけ…( 一一)

計28万…

ユニケアだったら、半額浮いてましたね。(´;ω;`)ウッ…

もっと前に知っておけばよかったー。

 

 

ちなみにユニケアの保険期間は、1日単位で申請可能!

もちろん期間長いほど、保険料は割安になります。

 

 

申請方法

なんと、手数料無料で代行申請してくれるところがありましたー!

ウイングオセアニア

このサイトで、保険料の算出もできます!

しかも契約延長もしてくれるー。ありがたーい。

細かい補償内容、補償額などもこちらで確認できます!

 

とゆーわけで、

わたしはウイングオセアニアさんで代行申請を申し込みし、

お金を振り込んで、完了!!Easy!!!

 

 

 

 

まあ費用節約派の一個人の意見なので、w

いろいろ比較してみて、自分にあった保険を選びましょう!←

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です